ワキガになる人とならない人の違いとは?

wakigakusai

性別や年齢に関係なく悩みの種となる「ワキガ」ですが、なぜワキガになる人とならない人がいるのでしょうか。
実は、体質だけでなく生活習慣や食生活も大きく関係していたんです!
 
どんなことがワキガを大きな関係があるのがをご紹介いたします。

遺伝による体質

 

これが一番有名なワキガの原因ですよね。
ワキガの原因となるアポクリン汗腺は誰しもが持って生まれてくるものですが、その数が多いと必然的に分泌が多くなります。
 
つまり、アポクリン汗腺の数の多さの遺伝によりワキガになることが多いということなんですね。
両親のどちらかがワキガだった場合は、自分にその体質が遺伝しているかもしれないと考えることができるようです。
自分がワキガ体質の親であれば、早いうちに子供に治療をさせることで、子供の悩みを軽減できるかもしれませんね。

ストレスも要因のひとつ

 
 
ワキガのもうひとつの要因となるのは「脂肪線」です。
皮脂を分泌するこの脂肪線は誰にでもあるものです。
 
ストレスが多くかかると、体は脂肪の分泌を多くしてストレスと戦うようになります。
このとき、アポクリン汗腺からも汗が出て、ストレス回避をしようとするので臭いが増長するのです。
極度の緊張のときに、脇汗をかくというのもストレスが関係していたんですね。

ストレスがなければ必要以上の脂肪の分泌は抑えられるので、ストレスを溜めない生活を心がけるようにしましょう。
 

喫煙者は要注意

 
 
なぜタバコが関係しているの?と思う人が多いでしょうが、大きな関係があったんです!

タバコに含まれるニコチンは中枢神経を刺激して、交感神経にも影響を与えるというのは有名ですよね。
それにより、体はリラックスしていても体内は活発化しているんです!
 
脳はエクリン汗腺に発汗の指令を出し、交感神経の刺激によりアポクリン汗腺も活発化します。
結果的に、エクリン汗腺・アポクリン汗腺の両方が活発になるので脇汗+ワキガの臭いを増大させることになるのです。

タバコ1本でも脳は汗腺に指令をだし、汗腺は活発化します。
1日に何本吸うかということを考えると・・・・・タバコは百害あって一利なしというのも頷けますよね。

 
いかがでしたか?

タバコとワキガに意外な関係があるんですね。
生活習慣の見直しでワキガの悩みが軽減できるかもしれませんね。