ワキガは体質なんです、チェックポイント

脇から強烈な汗のにおいを発するワキガ。
ワキガの人の近くにいると、「この人もしかして…ワキガ?」
そのように思う人もいるかもしれませんね。

看護師

実はワキガは体質によって起こるのです。
日本人は清潔なことを求めるので、ワキガの人に対して敏感なのですが
海外に目をむけると、殆どの人がワキガなんです。

香水などによってにおいをごまかしている人がほとんど。
ワキガになったら、周囲の目を気にしてしまい、もしかしたらワキガかも?
という思いだけでドキドキしてしまいますよね。

今回はワキガだったらどうしよう。もしかしてワキガかも!?
という人の為に、ワキガになりやすい体質についてご紹介します。

ワキガはアポクリン腺の活動が活発なことで起こるのです。
ですから病気ではありません。
脇に存在する2つある汗腺のうち
においの強烈な汗腺の方が活発に活動するため、ワキガとなるのです。

このアポクリン腺の活動が活発なのは、アラブ人、ラテン人、黒人などで
遺伝的要素だと言われています。
このような体質の人がワキガになりやすいのですが
この体質かどうかチェックするポイントがあります。

1つ目は服の脇部分が黄色くなりやすいこと。
アポクリン腺から出る汗は黄色い色をしている特徴があります。
服を着替える時に脇にあたる部分が黄色くなっていたら要注意です。

2つ目は耳の垢がしっとりしていることです。
アポクリン腺は耳の穴の中にも存在します。
活動が活発ですと、普段はカサカサの耳垢もしっとりべたべたになるのです。
お風呂上り以外の時にチェックしてみるといいでしょう。

3つ目は両親のどちらかがワキガ体質、もしくはワキガである。
前述のように、アポクリン腺の発達は遺伝的な要素が強いのです。
ですから、両親がワキガ体質、ワキガであるとワキガ体質であると言えます。

この中で1つでも当てはまる人はワキガ体質です。
もしかしたら、周囲から「少しにおうな。」と思われている傾向があります。
ワキガに対する対策をしっかりとしていきましょう。