ワキガはどのように治せばいいの?

脇のにおいが強烈な人、いますよね。
日本人は清潔な人を好む傾向にあるため
脇のにおいが強烈な人を怪訝することがあります。

不衛生によってにおいが強烈な人もいますが、
清潔感があるにもかかわらず、脇のにおいだけが強烈という人は
ワキガ体質にあるということが考えられます。

もしかしたらワキガかも、と心配になる前に、ワキガのことを良く知って
最善の治療を受けることが大切です。

ラベンダー

ワキガはアポクリン腺の活動によって強烈なにおいを発します。
アポクリン腺はワキガの人だけに存在する汗腺ではなく
全ての人がアポクリン腺を持っているのです。
しかし、活動の仕方がワキガの人は活発になるため
強烈なにおいを発するようになるのです。

ワキガの治療はとても幅広く、様々な方法で治療することができます。
根本的に治療するのであれば、アポクリン腺を手術により取り除くことが1番ですが
手術というと、傷跡の問題や、あまり大事にしたくないなどの声もあり
症状に合った治療を選択していくことをお勧めします。

もしかしたらワキガかも、という軽度のワキガの人には
塗り薬や飲み薬で治療をすることができます。

塩化アルミニウム液をコットンに染み込ませて、塗るとにおいを抑える効果があります。
市販では「オドレミン」という名前ですが病院で処方してもらうと良いでしょう。プロバンサインは保険適用が認められている内服薬です。
汗の分泌を抑えることができますが、副作用があるため、飲み続けることはお勧めできません。精神面に働きかける飲み薬によって、精神的な発汗を抑えるという治療もあります。
こちらも飲み続けるとリスクが伴うため、医師の指導が必要になります。

 

手術するまでもなく、気になるワキガの人にはボトックス注射によって
ボツリヌス菌の毒を脇の下に注射することで汗の分泌を抑えることができます。
汗の量が減るため、不快感の軽減になります。

電気凝固法という脇の毛穴に電気針を刺して、そこに高周波電流を流すことにより
アポクリン腺と皮脂腺の破壊を行う理療法もあります。
これによって脱毛を一緒に行うことができます。

においの元を治療する手術は直視下手術法と非直視下手術法があります。
どちらも、脇に直接アプローチするため、医師と相談のうえ治療法を決めていくことが必要です。