ワキガの手術はどのようなもの?

ワキガは脇にある汗腺、アポクリン腺の活動によって起こります。
遺伝的な要素が強く、アポクリン腺から出る汗の分泌によってワキガが起こるため
病気などではありません。軽度なワキガの場合は投薬や塗り薬によって
臭いの軽減をすることができますが、重度のワキガの場合は
手術することをお勧めします。

手術

日本人は清潔感があるため、少数派のワキガの人に対して
嫌な顔をする人もいますが、海外ではワキガの人が多数いる国もあります。
病気ではなく遺伝なので、悩まずに治療できたらいいですよね。
今回は重度のワキガの場合に適用される手術内容についてご紹介します。

ワキガの手術はワキガの原因となっているアポクリン腺やエクリン腺、
皮脂腺を取り除くことで、全ての要因に対してアプローチできます。

医師と相談して手術の方法を決めるのですが、直接見て行う直視下手術法と
機械を使って行う非直視下手術法があります。

直視下手術法である剪除法(せんじょほう)は多くの病院で行われている
効果が非常に良い手術です。
脇の下を切開して、皮膚を裏返し、アポクリン腺を一つ一つ目で確認しながら取り除く方法です。
確実にアポクリン腺を除去できる方法ですが、デメリットとしては傷跡が大きく残るということがあります。
もし、この手術を選ぶ場合は、縫合技術の高い医師を選ぶといいでしょう。
費用は30万から50万円ほどで、症状によって保険が適用できる場合があります。

これに対して非直視下手術法とは傷跡を考慮して行われる手術のことです。
皮下組織吸引法は、脂肪吸引のようなイメージで、脇に1㎝ほどの穴をあけて
そこから管を通してアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を吸い取る方法です。

傷跡が小さくなるので目立つことはありませんが、直接下手術法に比べて
腺根が残っている場合があるので、再発する可能性が高くなります。
費用は15万円からです。

超音波吸引治療法は皮下組織吸引法をベースとして超音波を発生させて
汗腺を破壊しながら吸引する方法です。
手術費用は高いですが、こちらも全てのアポクリン腺を取り除くことは不可能です。

しかし、細胞を破壊するため再発のリスクは低くなります。
費用は18万から30万円です。

皮下組織削除法はワキの下を1㎝ほど切開した後、皮膚の表面をカミソリの刃をつけた
ローラーを転がして皮下組織ごと削る方法です。

高い効果が期待できますが、術後は脇を固定する必要があり、少し大事になってしまいます。
費用は20から40万円で、医師の高い技術が求められる手術となるため
信頼関係や技術の信頼が大事になります。

ワキガの手術は高い費用となるため、病院で医師と相談のうえ行いましょう。
必ずメリットデメリットが存在します。
ワキガが無くなるというメリットだけではないことを知りましょう。